☆前回のダイジェスト
・まるでシャドウのニセ怪盗団
・鍔迫り合いは格好よかった
・BGMはDMC3のドッペルゲンガー戦
・茜ちゃんは無事、良かった良かった
・「元剣道部、舐めんじゃねえ!」←マジで言ってた

さて、長谷川のおっさんとイカスミ達はいよいよマディス社の本社がある大阪へ。仙台で会っていたと言う一ノ瀬博士にも連絡を寄越しておいたので、大阪にあるであろうジェイルのキーワードも分かりました。
一ノ瀬博士「ゼファーマン、だったよ」
如何にも日曜朝にやってそうな特撮ヒーローものの名前ですが双葉ちゃん曰く「ヒーローものとしてはかなりマイナーな作品」との事。大阪は新世界やビリケンさんで如何にも楽しい観光旅行ですが、一応目的は果たさないといけません。いざ、ジェイルの安全な入り口があると言う通天閣の下へ。

大阪ジェイルはサイバーパンクなジェイルでした。ジェイルの王…もとい主は当然、近衛社長。近衛社長はジェイルだと「市民を守る正義のヒーロー」だそう。
長谷川のおっさん「俺達はヒーローに楯突く大悪党ってか?笑わせるぜ。」最初は疑ってたおっさんに言われてもな…
BGMはDMC2の「Dance with Devils」とDMC3の「DEVILS NEVER CRY」。悪魔と楽しく殺し合いをするならやっぱりハードかつ格好いい曲です。如何にもサイバーパンクなジェイルですが、シャドウも悪魔も確り出ます。其処は通常運転です。ダアトやシュバルツバースは悪魔が無限湧き?しますから、其処に比べれば楽なのですが。P5SはBAROQUEやDMC3が出来れば楽しく暴れられますが、ペース配分としては真Ⅳ&真ⅣFでの軍勢(個人的には団体様と呼んでいる)との連戦に近い感覚です。
出て来る悪魔はナーガやガネーシャ、ヴァルキリーと言った悪魔。やっぱメガテンだわコレ十天王寺動物園から茶臼山、安倍ノワールモール(其処で更にサラスヴァティも登場)を仕掛けを解除しつつ通り抜けしていきます(勿論監獄塔も武力行使で制圧)。ある意味戦闘狂のイカスミもベルベットルームで悪魔達を新しくお迎えしたり強化したりしてるため、問題はありません。寧ろこの時点で何時ものイケメンクー・フーリンやモトと言ったメガテンやソウルハッカーズ等で結果を出してきた悪魔達メインで事を運んでいるため、寧ろ野良悪魔とシャドウが可哀想に見えてくるレベルです。相手はペルソナ使いの皮を被ったメガテン主人公だししゃーない、相手が悪すぎた

色々仕掛けを解いたり、通気孔を潜り抜けたりして一見すると関西国際空港十天王寺駅まで到着。其処で更にナーガラジャも登場したり、監獄塔の警備を武力行使で制圧したり。まるで鯨のような飛行船に載って、いざ王城…と言うよりかの有名な阿倍野ハルカスへ。
其処で見たのはヒーローショー?にテンション高めの一般ピープル。どう言う事?と思って一度人間の世界に帰還します(実はここまでの道中で何度か帰還していますが)。

人間の世界に帰ってきて分かったのはテレビ番組に近衛社長が出演していた事、口調こそ穏健でしたが怪盗団名指し状態で批判していた事でした。この社長、とことん喧嘩売ってくるつもりのようです。宜しい、ならば戦争だ
春先輩と双葉ちゃんとおっさんの料理教室もクリアしたあとで再び大阪ジェイルへ。今度はあの一般ピープルは居ないので、武力行使しつつ日本一高いビルを一気に駆け上がります。そして鳥籠へ。どうやら虐待?されていたような言葉にどう言う事なの?となるイカスミ達とおっさん。

再び人間の世界に帰還して、トラウマルーム探しへ。
おっさんには近衛社長関連で心当たりがある事件があったそうで、社長の嘗ての自宅へ。おっさん曰く、社長の父親が殺されているそうで犯人はまだ捕まっていないとの事。物騒な事件ですが、ヒントにはなりそうです。ジェイルへのキーワードであるゼファーマンをEMMAに入力するとトラウマルームへ。
トラウマルームで垣間見た真相は正直ドン引きモノでした。それまでの虐待(それまでに通報が何件かあったらしい)に加え、実の父が金(恐らくは保険金)目当てで母を殺していた事や殺されかけた時にテレビで流れていたのが他ならぬゼファーマン。そりゃあ記憶に強く残るわな…。
あとその未解決の事件の犯人は近衛社長でした。が、ある意味正当防衛のような展開だったので、何とも言えねえと言う感じです。

次回「決戦!怪盗団vs.近衛社長」
次回もお楽しみに!!(唐突な次回予告風)
スポンサーサイト